硅石・硅砂とは 硅石とは

商品名:豊浦硅砂

メーカー名:豊浦硅石鉱業株式会社

豊浦硅砂は、山口県豊浦エリアでも限定された場所にしか産出されない、貴重で、純枠な、天然のシリカサンド(SiO2)です。通常、硅砂と呼ばれる商品は、硅石を粉砕機で粉砕し、小さな粒から大きな粒まで、サイズを人工的に作り上げたものがこの業界の主流の商品ですが、豊浦硅砂の原砂は完全な天然の砂で、106ミクロンから500ミクロンの粒の幅を持っています。

原砂がすでに106ミクロンから500ミクロンの細かい砂で、これほど細かい粒の硅砂の原砂が産出する場所は、日本でも数多くありません。このため、人工的な粉砕を全く施すことなく、水洗、乾燥、の後、106ミクロンから300ミクロンの粒にふるい分けをし、この三つの工程を経て、製造致します。ですから、弊社の商品である「豊浦硅砂」は、高品質で、100%天然の稀有な硅砂、シリカサンド(SiO2)、であります。

弊社の豊浦硅砂は、世界3第硅砂の一つと呼ばれ、イギリスのレイトンバザードサンド、アメリカのオタワサンド、そして、日本では弊社の豊浦硅砂のこの3つが世界最高の硅砂と言われております。又、弊社の代表取締役は、米国人であるため、役員全員がバイリンガルはもちろんのこと、バイカルチュラルビジネスを実践してきた経験を持ち、そのため豊浦硅砂は世界中から注文を受け、特殊な事情がある国以外は、世界中のどの国にも弊社の商品を発送するノウハウを持っています。

天然硅砂の豊浦硅砂の特質は、粉砕された人工のものに比べ、自然界に存在する形状をなしています。粒に丸味があり、流動性に優れ、それらの特質のため実験や測定で発生する誤差を少なくし、安定した結果を得るために使用して頂ける硅砂(SiO2)であります。又、豊浦硅砂のSiO2(シリカ)の割合は、常時90%以上で、この数値が高い硅砂は高品質なシリカサンド(硅砂、SiO2)です。

もう一つの役割としまして、豊浦硅砂は、昭和30年から平成9年まで、JISの規準砂として、標準砂と呼ばれ、我が国のセメントの強度を測る砂でありました。現在に至りましても、社団法人セメント協会より元標準砂基準の検査を常時受けております。JIS規格の標準砂だった時も、又、元豊浦標準砂になった現在におきましても、65年間と言う、長期に渡り、まったく同じ品質管理を行っております。そのため、弊社の商品の「豊浦硅砂」は、社団法人セメント協会の検査基準に合格した、合格済みの商品であり、全商品に合格済みの札が付き、元標準砂の基準に検査合格した硅砂として販売しております。ご希望の場合は、検査項目がふるい残分と単位容積質量とロット番号が記載された豊浦硅砂検査成績書を、有料でございますが、お出しすることが出来ます。

特長:

  1. 外観は淡黄色
  2. 粒度は50メッシュ通過分で調整された硅砂
  3. 単位容積重量は1.50≦:比重は約2.63

用途:

  1. 土木、建築関係のセメント・コンクリート強度・密度検査、液状化などの地層・地質の実験等に使用されています。
  2. その他、粒度が揃って、不純物が少なく、性質が中立である特長の砂を必要とする検査等に適しています。
  3. 現在ジャクサ宇宙航空研究開発機構の国際宇宙ステーションの日本実験棟「きぼう」にて、低重力の実験に豊浦硅砂は、「地球の砂」と呼ばれ、宇宙開発実験の砂として、使用されています。

品名:豊浦硅砂

荷姿:45kg/麻袋

用途
製造者 豊浦硅石鉱業株式会社
住所 〒759-6312 山口県下関市豊浦町大字黒井
Tel 083-772-0038
Fax 083-772-0828
品名/内容表示 豊浦硅砂 (天然硅砂 - 有機物を含まない)
荷姿 45kg/麻袋入
検査内容(JIS R 5201)
粒度 標準網フルイ 300ミクロン残分 1%以下
標準網フルイ 106ミクロン残分 98%以上
単位容積重量 1.50以上(kg/liter)
有機不純物 有期不純物含まない
天然硅砂 硅石部分は90%以上
主な科学物質分量(約) ig. loss
SiO2
Al2O3
Fe2O3
CaO
MgO
0.5
92.6
3.7
0.7
0.5
0.2
ご注文はこちら お問い合わせ メールでのお問い合わせ TEL:083-772-0038 FAX:083-772-0823

[営業時間] 8:00~17:00
[定休日] 土日祝

Copyright © 2012 Toyoura Keiseki Kogyo Co., Ltd. All Rights Reserved.